Hard Staff Is The Blues

音楽を聴いて感じた事 SLA関連 日常の些細な事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

世界ウェルター級タイトルマッチ!

ダンさんに借りた

『コット対ジュダー』

まずは両選手に拍手!

俺の希望(予想は判定?)通りコットの勝利にしびれたぜ!


前半、ジュダーの左をタイミング良く喰って危うくダウン?
と言う場面も(3回程有ったろうか…中盤にも?)ありつつ、コットは自分のスタイルを崩さず冷静な試合運びをしたように思う。(とはいえ、再三スイッチするコットは初めて見た)
しかし、ジュダーにもう少しスタミナが有ったら…?

離れた距離からの電光石火の左ストレートがでていたら…?

もしかしたらジュダーのKOも有ったろう。

やはり、コットが距離を詰め責め付けたからアッパーは喰ったものの、左のロングを喰わずにすんだんだろうな。(コットの計算か?)
最終的には勇敢に前へ出て打ち込んで行ったコットの粘り勝ち?!


デビュー当時、トリニダード二世などと言われていたけど、今のスタイルはチャベスっぽく感じたのは俺だけだろうか…?


いずれにせよ、日本のボクシングにでは観られないとてもスリリングな転回の試合だった。



メイウェザー戦の話題も出ていたけど、メイウェザーと戦ったら…?

俺はメイウェザーの逃げ勝ちのような気がするな。
デラホーヤも止められなかったメイウェザーをストップ出来るかが鍵だろうが…

それとモズリーとの試合も面白そうだな。

最近観てないから解らないけどモズリーの実力が全盛期と変わらぬ出来なら今のコットに勝利する事も可能かも?


いや~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ボクシングは良いですね♪

暴力嫌いなtell-meが唯一好きな格闘技である(笑)


  1. 2007/06/14(木) 01:47:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

俺は晴れるかな?

いよいよです。

『明日は晴れますか?』


1週間後には中目黒に行っているんだなぁ…

『次はぁ~ 中目黒ぉ~ 中目黒ぉ~』

と聞こえてきそうだ(笑)


楽しみであり不安でもある…



ボビー・ウーマックを聴きながら、明日は晴れるかな?と思いつつ、舞台後

『俺は晴れてるかな?』

と思って(考えて)いるのであった…


  1. 2007/06/13(水) 02:09:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

初めての生演奏

日曜日のリハにとうとうギターを持って行ってしまった。

なかなか右脳は思うように活発にならない…
左脳はもともと機能しない…

ようするに馬鹿なのです。


昔はギター馬鹿だったけど、歳を重ね音楽フェチになり、そのフェチズムのなかで黒人音楽に目覚め始めて、今では自分のギターに欠かせないブルージーでファンキーでロックのフィーリングが確立されつつあるのだが、長いブランクによるギターの衰えを感じずにはいられない。

自分のギターに自信がないからイメージも湧いてこない…

舞台が近いのに大丈夫か?このままでどうする?やる気あるのか?辞めるか?


そんな事毎日考えていた…


悩んでいても時間はたち、舞台の進行も進んできてます。

ダンさんは俺に100パーセント(か?)音に信頼して必要と考えている。(かな?)



自信はないけどとりあえずギターを持って行った。

思っていたよりは弾けた。初めてのギター入りのリハの緊張は相変わらずだったけど、いつもと変わらず下手ながらも弾けた。

これで確信しました。

舞台にあがれるぞ!

不安はあるものの必ず成功するだろう!

と思えるようになってきた。


調子は良くないが、上手く舞台にピークを持って行けるように自己管理と無理のない生活を心掛けよう。


  1. 2007/06/04(月) 22:50:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

タイトルなし

乗り越えなよ。
お節介で馬鹿な俺の願いだから。
乗り越えなよ。
できるなら…

やってみるのさ…
自分を痛め付けないで終わったと言ってみなよ。
できるはずさ…

乗り越えなよ。
お節介な俺さ…
乗り越えなよ。
手遅れなんて事はないさ。
やってみるのさ。
自分を深みにはめすぎてはいけない。
乗り越えるんだ。
早いうちに…

悲しみからはい上がる為の理由を与えたのは君じゃないか。
夢や希望も消え去ったあの時に、救いにやってきた君は続けるための力をくれた…

そんな今、君はどうしようもなく落ち込んでいる…

それじゃ まったく逆さまだって!

乗り越えなよ!
このままいるわけにはいかないだろ?
乗り越えるんだ!
もう随分長いことになるぜ!
終わったと言ってみなよ!
自分にそう厳しくならずに…
やり直すんだ!
出来るはずさ!!

これは『カズ南沢』氏の曲の歌詞です。勿論英語で唄ってます。素晴らしい曲です。
今、日本で最も尊敬するギタリスト&シンガーです。

凄い人です…

  1. 2007/05/27(日) 00:27:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

案の定

シーンやダンスなど個々の単位では出来ているけど、これらのシーンがどのように一ツにまとまるのかが楽しみで有ると同時に、音をどおやってぶつければいいのか正直迷っている。

ダンさんの抽象的なイメージの言葉は俺にとっては非常に解りやすい半面、噛み合わない部分も多々ある。
ここで俺なりにまとめて見よう。
サルバドール・ダリの
『ナルシスの変貌』
ご存知の方はいらっしゃいますか?
アノ世界をトーンで表したい。
言葉や口で説明出来るもんじゃないからウッディシアターでのリハで具現化されるであろう。

ギターはダンさんのエレキ論を無視してあくまでエレアコにこだわる。
大丈夫!エレアコでも人間の心の歪みはだせる。
下品なトーンと上品なトーンで、時には妖艶に、時には斬新な音を作る。
普段通りの俺なら楽勝ですよ。

俺のテーマはクリアトーンとノイジーなサウンド!
要するに天使と悪魔。
良い意味でダンさんの期待を裏切りたいと思う!



と気合いの言葉を並べてみたけど所詮は口だけメールだけ。

そうならないように頑張ろう!


  1. 2007/05/14(月) 00:58:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。